FC2ブログ

旦那の借金の為に風俗嬢になった私

ここでは、「旦那の借金の為に風俗嬢になった私」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2年前旦那が裏スロットにハマリ借金を作り
離婚も考えたけど....旦那は仕事の他にバイトを掛けもち返すという
その言葉通り旦那は仕事にバイトに休みなく働いてくれたけど
借金はなかなか減らなかった

悩みに悩んだ挙句 私は一大決心で風俗店の面接を受けた
FC2 Blog Ranking
住所や名前などを紙に書き店長らしき人の質問に答えていく
「それじゃ 講習なんだけど今日やっておく?」
と、ホテルに連れていかれ仕事の流れを説明され実演と称し
客とする行為を一通り体験させられた
「この後お客入ったら仕事してみましょう」と講習は終わり
マンションの一室で待たされていると、その店長に呼ばれた
「ホテルで待ってるからそこに行ってさっきやったようにね?
緊張しなくて大丈夫だよ こういった仕事は初めてだって言ってあるし」
そう言われホテルの部屋に行きチャイムを鳴らすと中から
年は40前半くらいだろうか ごく普通の男性が私を迎え入れた
時間を決めお金を頂き 仕事を始める

一緒にシャワーを浴びお互いの身体を洗い合いベットへ

「あ、初めてなんだよね?」
「はい...お願いします」
「じゃぁ.....横になって?」

ベットに横になるとキスをして身体を愛撫していく男性
旦那とはレスに近くなっていたので仕事なのに身体が反応してしまい
おまんこやクリトリスを舐められると本気で感じてしまった

「本気で感じてるね...仕事って顔してないよ?」

優しく笑いながら また身体中を愛撫すると

「おもちゃとか経験ある?」と聞き いいえと答えると
「じゃぁオプションで...お金は後ではらうよ」と言われ
予め店長にオプションがあるかもしれない
と渡されていたローターとバイブを出し男性に渡した

振動させたローターをクリトリスに押し当てられると何とも言えない快感で
それを私の手に持たされても離すことなく快感を貪った
その途中から男性はバイブでおまんこを弄り中へ挿入させてくる
もう完全に仕事だと言うことを忘れ声を上げて気持ち良さを訴えた

おもちゃで何度かいかされ おまんこを舐められクリトリスを吸われ

「そろそろ僕も気持ちよくして」と言うので
固くなった男性のおちんちんを口に入れ舐めたり吸ったりした

「じゃ素またで...」という男性に 経験がない事を言うと
男性はローションをおまんこに塗り おまんこの割れ目からクリトリスに
男性のおちんちんを擦りつけはじめた
クリトリスにコリコリと当たる亀頭が凄く気持ち良く 今にもおまんこに入りそうな
おちんちんにドキドキしていると

「あぁ...動いて下がってきたら入っちゃうから....本番はだめだろ」

頷いて亀頭で擦られる快感に浸っていると またクリトリスにローターを当てられ
おまんこの入口で亀頭を擦る男性...

だめ......私が腰をググッと下げると男性の亀頭がおまんこの中へ少し入った

「ほら.....はいっちゃうよ?」

わざとだと気付いたのか抜こうとしない男性に
腰をクネクネと揺らしていると おちんちんは膣を擦りながら少しずつ入って来た
ゆっくりと2,3回ピストンさせると

「もっとしてほしい?」と聞くかれ頷くと男性はピストンを再開した
旦那より、、というかたぶん普通より大きい男性のおちんちんが気持ちよく
男性に合わせて腰を揺らし

そこからは騎乗位やバック 上からおちんちんを突き刺すような体位...
おちんちんをおまんこにいれたままクリトリスにローターを押し付けたりして
セックスを楽しんだ....後ろから突き刺すように激しくしていると男性は

「もうイクよ......中でいいの?」
「そ、、それ、、、は.....」

さすがの私もそれは拒否すると 私のイクという声を聞いた後背中に射精した
オプションを入れても多いだろうという金額を頂きその日は終わった
迎えに来た店長の車に乗ると

「どうだった?大丈夫だった?」と聞かれ はいと答えるとニヤリと笑い
「この仕事やっていけそう?」と更に聞かれ私は頷いた

次の日は店長との再講習という名目でセックスをすると
毎日 こんなに?と言うほどお金が入るくらいお客をつけてくれた
もちろん お客と本番はしていない....という表向きで日に1,2人
気に入った人や上手な人がいれば おちんちんを入れてもらっていた

借金もほとんど返せた今もまだ風俗嬢を続けている

最初についたお客は毎週私を指名してくれセックスをする
その他も指名で定期的にセックスするお客も結構いる
店長とも時々セックスをするし....
きっと借金を払い終わっても続けていくだろう

初めて風俗という仕事を体験して自分がこんなにもセックスが好きなんだと知った...
淫らな体験告白
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eroticismdelusion.blog26.fc2.com/tb.php/163-178ad0ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。