FC2ブログ

取引先の会社の社長の奥さんとのエッチな体験-5

ここでは、「取引先の会社の社長の奥さんとのエッチな体験-5」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奥さんは奥まで激しく飲み込んだかと思えば
チ●ポから口を離し
亀頭の裏側や尿道口のあたりに厭らしく舌を這わす。
刺激しながら焦らし、
また奥まで飲み込んだあと激しく頭を振る。
5分ほどすると俺の方が射精感を感じ始めた。
決してうまいとは言わないまでも
丁寧で厭らしいフェラチオ、
あと仁王立ちのシチュエーションに俺は興奮していた。
俺は奥さんの口からチ●ポを抜き
奥さんをベットに押し倒した。
そして奥さんがしたのと同じように
奥さんのデニムの前のファスナーをゆっくりと下ろしていった。
パンティのクロッチのあたりに人差し指を這わす、
クチュ…湿った感触が人差し指越しに伝わる。
奥さんはじっと俺を見ている。
しかし口には微かな吐息が漏れ始めていた。
俺は奥さんの眼を見たまま、
パンティの脇から人差し指を中に差し込んだ。
クチュ…
余り濡れは多くないもののオマ●コの入口は熱くなっていた。
俺はゆっくりとクリトリスを上下に摩り始めた。
奥さんの眉間にしわが寄る。
ゆっくりとゆっくりと上下に、また10回に1回は左右に摩った。
「ねぇ、もっと激しくして頂戴?」
奥さんがそう言っても俺は蜜壺の入口で
愛液を指先に塗りつけると
先程のゆっくりした動作をひたすら繰り返した。
奥さんがイライラしたように腰を上下に動かし始める。
「ねぇ、その指中に入れてぇん。」
そう言われても俺は地味な動きを繰り返した。
『奥さんを俺の奴隷にしてやる…』
そんな欲求が俺の中に芽生え始めた。
「どうしてほしいの?」
ありきたりなセリフを吐きながら俺は奥さんに問いかけた。
奥さんは腰を激しく上下に動かしながら
「もう…すっ、すぐにそのおチ●ポ入れてほしい…」
俺は奥さんのデニムとパンティを乱暴に?ぎとった。
淫らな体験告白
FC2 Blog Ranking
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eroticismdelusion.blog26.fc2.com/tb.php/127-22ca21ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。