FC2ブログ

昔の教え子とのエッチな体験⑩

ここでは、「昔の教え子とのエッチな体験⑩」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そういやバックが好きだったっけかと思い出して、
四つん這いにさせる。
最初はゆっくり。
「んっ・・・ん・・・」
少しづつ激しく。
「・・・やっ・・・あん・・・」
やがてヌッチャヌッチャッといった音が部屋に響きわたり、
俺のちんこももう真っ白。
早希もはっきりと喘ぎ声をあげるようになった。
「あっあっあっあっ!・・・やだだめ!せんせ!
せんせだめ!これだめ・・・これ・・・あっあっあ!」
早希は後ろ手で俺の太ももを触って制止しようとするが、
その手に力は既にもう無く、
とにかくガンガンに突きまくる。
「・・・や・・・あっ!・・・
だ・・・めだっ・・・てぇ・・・」
「ほら、彼氏以外でいけよ」
「やっ!あっあっあっ!せんせ!や!だめ!
これだめ!おねがい!あっ・・・あっあっあっあっ!!!」
「彼氏に謝れよ」
「・・・やっ・・・だぁ・・・こんな・・・だめ・・・」
最後に大きく喘ぐと
、早希の膣は俺のちんこをまるで雑巾を絞るかのように
ぎゅうっと締め付けてきて、
早希の小さな尻は目に見えてぷるぷると震えた。
早希の上体を支えていた両腕は突然力を失くしたようで、
がたがたっと早希は前に崩れ落ちていき、
しかしその間も早希の中は、
柔らかくも俺を離したくはないと言わんばかりに締め付けていた。
一度そこでちんこを抜くと、「や・・・」と切なそうな早希の声。
ぐったりしている早希を仰向けにさせて、もう一度正常位。
蕩けきった顔で「も、やめよ?」と小さく言葉を発しいたが、
無視して挿入すると「や・・・ぁん」と甘い声が漏れた。
そこからはもう昔に戻ったような、恋人みたく甘く激しいHだった。
淫らな体験告白
FC2 Blog Ranking
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eroticismdelusion.blog26.fc2.com/tb.php/118-c6b448c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。